ナレッジサロンでゲームストーミングの会に参加してきました。

グランフロント大阪のナレッジサロンで月1回(時々サボって)参加しているゲームストーミングの会。参加は3回目!主催&ファシリテータは、オフィスアニバーサリーの北方さん。

ブレインライティングで、連想ゲーム!?

今回は「ブレインライティング」という、“連歌スタイルでアイディアを生み出すゲーム”をやりました。

  1. みんなで1つのテーマを決める。
  2. アイデアをカードに書き込む。
  3. 書き込んだカードを右手の人に渡す。
  4. 左手の人から回ってきたカードに書かれているアイデアに、自分のアイデアを付け足す。
  5. 各カードに5つ、6つのアイデアが書き込まれたらいったんカードを集めて、壁やホワイトボードに貼る。
  6. 良いなと思うアイデアに各自が印をつける。
  7. みんなで話し合う。

という順序でゲームは進みます。

書き込まれたカード

「組織のエネルギーを最大化するには?」というテーマで、4人でぐるぐる回しました。参加者それぞれの立場や背景やタイプによって、視点の違う意見が書き込まれるカードは面白かったです。時間的制約というか、どんどんカードがまわってくるので、一生懸命短時間で連想するアイデアを書き込んでいく。脳内が刺激されて良い感じです。

終わってみれば、なかなか良い解が導き出されたような!

普段は意見をあまり言えない人も含めて一緒にアイデアをゲーム感覚で出し合って、1人(もしくは立場が同じ人たち)だけでは導き出せなかったアイデアを短時間で出すことができるかもしれません。

これ、普通に会社でも、何か解決策に煮詰まったときとかに使えそう。

オシャレあいおうえお作文な「Story Cubes」というのにも挑戦

アイスブレイクがてら実施したRory’s Story Cubesという、イラストが入ったサイコロのようなもの9つふって、出たイラストをつなぎ合わせて即興で物語をつくるというゲーム。イラストから連想する短いストーリーを、結び付けていく作業が、結構面白かった。人の脳はこうして何かと何かを結び付けていく作業が得意なんだって。

story cubes

でも何のルールもつけずにやると、拡散しっぱなしで、面白あいうえお作文みたいになる(笑)でも一定のルールを少しつくるだけで、物語っぽくもなったりして、面白い。偶然出たイラストをもとに、その場にいるメンバーでつくる偶発的物語という新しい感覚のゲーム?でした。

今回も北方さん、参加者の皆さん、ひと時をありがとうございました!

▼株式会社オフィス・アニバーサリー
http://anni.co.jp/