金メダル

ある領域で世界一の会社になるという覚悟。

増進会出版社は、8月に米国のEdmodo社へ出資を行い、9月4日に業務提携することで基本合意したと発表した。両社は、学校向けSNS・学習プラットフォームを開発し、2016年2月から提供する予定。

情報源: 増進会出版社/Edmodo社と業務提携しSNS・学習プラットフォームを開発 | ICT教育ニュース

こうした動きはいろいろな業界でみられるようになったなと思います。特にEdtechといわれる分野や、healthtechといわれる分野、最近ではIoTやウェアラブルの分野なんかも。

既に何らかの市場でシェアを持っていて、販路があるのであれば、こういった新しい分野のサービスや商品を資本参加や業務提携という方法で扱うのは、双方にとってメリットがあると思います。お金だけの出資とかはあんまりシナジーが無いような気がします。

先日、とあるベンチャー支援プログラムの説明会に行ってきましたが、出資オプションはあるものの、どちらかといえば事業やサービスの連携ができることや、マーケティング支援に自社の独自リソースを使ってベンチャーを育成するという意味合いが強く、シナジー効果の高い良い支援プログラムだなと思いました。

と、冒頭のニュースに戻りますが、システム・アプリとしてとても優秀なものだとしても、やはりそれを使うのは人です。直感的に使い方がわかるUIやUXだったとしても、やはりそこに人間的な温かみのあるアプローチができないと、意味をなさないと思っています。

例えばEdmodoが、どんな先生でも、どんな生徒でも、どんなクラスでも成果が出るような仕組みを実装していたとしたら物凄い!と思います。でも突き詰めて言えば、私たちは実証、臨床を繰り返し科学的に研究し、そんな仕組みをつくりあげようとしていると言っても過言ではないです。

最近、うすーい関係の(笑)知人が、私たちがつくっている仕組みに似たようなものをつくろうとしているのを察知したのですが、表だけ真似てソリューションをつくっても、私たちが本当に目指しているコアの部分は真似できないと思います。内緒です。まだまだですが、いろんな意味で世界一を目指したいなと最近思うようになりました。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。