グレイな企業。

ABCマートに「かとく」が入った例から考えるブラック企業認定。

先日、今年4月に東京労働局に新設された「過重労働撲滅特別対策班」(通称・かとく)が、初めて書類送検した事例として、靴販売のABCマートが取り上げられていました。

国が本気でブラック企業を撲滅するために動き出している証拠です。これって、本当に「白黒」ハッキリさせていって、本当の意味での「ホワイト企業」(中には以前に雑誌で離職率が低いというだけでホワイト企業にランクされていた企業もあるが、そうではなく)と、野放しに出来ない「ブラック企業」をハッキリさせて、生産性が高く従業員の健康寿命を縮めることなく価値を生むホワイト企業に人材を集めていこうという試みだと感じます。

逆にブラック企業にはその是正を強く迫るものであり、是正が認められない場合は倒産へ自然と向かわせるものではないだろうか。 ブラック認定がされると、これでもかというくらい人材採用は難しくなる。流出も増えるだろう。

経営って、ほとんど人の問題ということが最近よく分かります。事業の成長も、失速も、人次第。そもそも良い人材を集めることができなければ、勝負どころで勝負することもできない。 この世の中の流れは良いと思います。

まだまだ、見た目だけホワイトな企業もいっぱいあります。つまりはグレーな会社。 こういったことって制度とかの問題だけじゃなくて、もちろん従業員と会社の信頼関係だとか、ロイヤリティのようなものも重要な気がしていますが。 過重労働をせざるをえない職場であったり、ビジネスモデルをしている会社は、そもそも企業の永続性はないし、破綻していると思います。

人は資産ですし、その人にとっても身体が資本な訳ですから、やっぱり健康的に働けるかどうかというのは、当然のことながら企業に責任はあります。十分に健康的に働ける組織と環境を用意しているにも関わらず労働時間が長くなる社員は、それは単にセルフマネジメント力が不足しているに過ぎないです。 なんてことを、もやもやと考えながら、こないだのABCマートの事例や、そのもっと前のワタミの事例を振り返っていたのでした。氷山の一角だけどね。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。