黒板とチョークとパソコンと。

これからの教師はITに強くてリテラシーもってて意欲を引き出す人が重宝される。

鳴り物入りでスタートした「ICT(情報通信技術)利活用教育」の実情は、お寒いものだった。Androidがベースとなるタブレットの故障が相次ぎ、授業“崩壊”寸前だというのだ。

情報源: ICT教育最先端 佐賀・武雄市のお寒い現実 トラブル287件、対処に悩む先生 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

中途半端に安く済まそうとして、うまくいかないという分かりやすい事例。安かろう悪かろうやな。実証実験のiPadでうまくいっているのに、なぜここで謎のメーカーのAndroidベースのものにする。余計な税金がかかると同時に、教育の質の低下にまでつながりそうな話です。

こういった話は小学生や中学生の教育現場だけではなく、きっと企業におけるIT化推進でも同じようなことがありえる。

黒板とチョークとパソコンと。

これからは、これまでITがそこまで必要とされなかった現場(正確には使っていなかっただけ)、例えば介護や飲食や工場にも、もっとIT化が推進されると思います。そんな時に、同じようなミスはしないで欲しいなと、思います。

IT化推進する企業の銘柄を認定する経産省の取組みもリリースされていましたよね。それだけ業務効率をあげないと、このままだと労働力とか生産性がやばいよー!という話ですよね。

いや、教師もだよ、引用した記事の中で文句を言っている皆様。もっとITに強くなってください。

教師はITに強くて、生徒のモチベーションを引き出したり、コーチングやファシリテーションをするスキルや、様々なリテラシーを教えるというポジションに間違いなくなると思います。

ソーシャルラーニングを「誘発」させるスキル。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。