テニス風景

ベイビーステップに学ぶ目標に向かって行動する力。

以前から気になっていたアニメ「ベイビーステップ」が面白い。これはコミックもちゃんと読みたいところ。いつも日曜日に、息子たちがNHKのEテレを見ている時に流れでそのまま見たりしていた程度だったのだが。

テニス風景

私もテニスをかじっていた身でもあるので、余計にかもしれない。某テニス漫画と違って(?)ものすごく試合運びが「現実的」で、勉強になる。それもそのはず、作者がテニス経験者であり、緻密な取材に基づいた漫画なのだそうだ。

それだけでも私はかなり好きなのだが、「Baby steps to giant strides」という言葉が劇中の主人公がつけているノートやアニメのOPで登場するのですが、これ、本当に良い言葉です。

“小さな歩みは、大きな躍進につながる”

という感じでしょうか。

小さく踏み出して、小さな成功体験や失敗体験を積みながら、続けることは大きな一歩になるわけですね。

このマンガ、究極にPDCAサイクルをまわしまくる話ですよね。試合中にもノートに細かく書いていく。(初心を忘れていない時の阪神タイガースのマートンみたいだ。)

身体的にも経験的にも恵まれていない主人公が、このコツコツと集中力とで急成長していく話。しかも、良いところで負ける(笑)負けるからまたその上を目指そうと努力する。そんな話。通しでちゃんと見てないけれど。

「Baby steps」=「小さな達成体験を積み重ねる」こと。

まさしく、行動変容理論でいうところの「ステップバイステップ法(※)」ですよね。※小さな目標を立てて、段階的にその目標を達成させながら行動を継続させる手法。行動変容プログラムは、学習理論や認知行動療法、保健行動モデル等で活用される。

そして何より、結果ではなく、そのプロセスに究極に焦点を当てているストーリーにも共感が持てます。

錦織くん効果と、ベイビーステップ効果で日本の将来のテニス界は明るい?(笑)

私ももう少し余裕ができたら、テニスシューズを買って再開しようかな。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。