slack-large

ビジネスチャットツールのSlackについて多少調べてみた。

日本国内でも注目を集めつつあるビジネスチャットツールの「Slack」について、まだまだ使用感とか利用目的に合うかどうかとかリサーチ中なのですが、ちょっと所感をまとめておこうと思います。完全に個人的メモですが、誰かの参考になれば幸い。

主に「エンジニア」受けするサービスのようです。現在のところ、すべて説明は英語。とはいえ、UIがとにかくシンプルなので、管理者・導入担当者がある程度分かっていれば、招待されたメンバーは感覚的に使うことができるかもしれません。

私が思うに、Slackの特徴は、

  • UIがとにかくシンプル
  • チームのスペースをつくることが簡単、登録が容易
  • 外部サービスとの連携がとにかく豊富に最初から用意されている
  • 絵文字が豊富でかわいい(LINEのスタンプ的なものはない)
  • ファイル共有やメッセージ検索に優れている

という感じでしょうか。

チーム内外、個別のダイレクトメッセージング、秘密のグループなど様々に使える。よくも悪くもチャットツールに過ぎないが、他サービスのコミュニケーションを統合してまとめたり、他のコミュニケーション以外のツール類との連携も豊富なので、あえてビジネスチャットに絞ってその部分についてはストレスフリーを実現すべくプロダクトを開発しているのかな~と思いました。

きっと比較されるであろう、Chatworkは「タスク」の管理とかビデオ会議もできる。ウェブサイトの制作ディレクションなどによく使われるイメージで、社内で使うこともあるけど、フリーランスのメンバーをまとめたプロジェクトなどで利用されている気がする。実感値として。

最近、聞くようになった社内LINEと称されるDirectなんかは、主に店舗や外勤の方が多い職場で有効なのかもしれません。

どんなツールも一長一短ですけれど、それぞれにターゲットが違うのかもしれませんね。

 

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。