プラレールの双六ゲーム

新幹線のパズル式双六ゲームが案外面白い。

プラレールの双六ゲーム

以前、東京出張の帰りについ目に留まったので子どもへのお土産として購入したすごろくゲーム。この手のゲームは、私自身も幼い頃から好きで、よく祖父に相手をしてもらっていた覚えがあります。

うちの息子にはまだ早いかな〜と思いつつ。もったいぶって隠していたのですが、私が会社に行っている間に見つかってしまったみたいで、しょうがないので休日にやってみたのです。

やってみるとシンプルですが、けっこう面白い。4歳児にルールを教えながらやるのは大変ですけれど。駒は各種新幹線のミニチュアでけっこう可愛い。

  1. サイコロをふって目が大きい人が自由に線路のパズルを組んでコースづくりをする。
  2. サイコロの目が大きい順番にスタートする。
  3. 大きな駅にとまるとカードをひいて指示に従う。遠くの駅に飛ばされることもあるが、一気にゴールに近づく可能性もあり、一発逆転もありうるのでドキドキ。1回やすみなどの普通のものもある。
  4. カードで進んだ先の駅からは、前にも後ろにも進んで良い。
  5. スタートから一周してゴールに来た人が勝ち。尚、ゴールにはちょうど止まることが必要。

ざっとこんな感じである。

やるたびに勝ってしまって大人げなかったね、俺。でもサイコロだからね、運も実力のうちなのだよ、息子よ。

けっこう考えられいてシンプルだけど、もっと何人かでやると盛り上がるかもと思いました。次男も大きくなったら家族4人でできるかもね!

このすごろくゲームの面白さについての考察

  • 何通りものコースをつくれるパズル式
  • カードをひく方式による指示命令でドキドキ感
  • なかなか1発でゴールできないから大逆転あり
  • 新幹線と駅という世界観

かなーと思います。

何が起こるか分からない感覚と、誰にでも最後まで勝てるチャンスがあるというところや、パズル式によるクリエイティブ感というのは、他の“ゲーム”や“ゲーム要素を用いた何か”にも活用できそうですね。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。