人の温かみとかってシステムの向こう側から伝わるものです、案外。

テクノロジーだけでは人は育たない。

人の温かみとかってシステムの向こう側から伝わるものです、案外。

教育系ITの分野。最近ではいわゆるEdtech(エドテク)と呼ばれることがしばしば。

最近面白いサービスが増えてきていると思います。でも、これだけは言えるのが、「手離れの良い教育関連サービス」なんてものはないということです。要は人が継続的に関わらなければ、うまくいかないと思います。

B2C向けの教育サービスであれば、ある程度は成り立つのではないかと思います。やる気のある自立的な人が自発的に学ぶからです。

でも、B2B向けの場合はそうはいかない。やる気のない人、やらされ感でやる人、義務感のみでやる人もけっこういるということです。

どれだけテクノロジーが発達しようとも、例えば人工知能が発展しようとも、そこに人の力がなければ効果は薄いと思います。そこに人の関与、人の温かさがあってこそ人は育つし、イキイキするものだと思います。

ゲームの世界だってそうです。オンラインゲームやソーシャルゲームの世界では、いわゆる「運営さん」がいて、様々なイベントや新しいキャラクターを次々に投入して仕掛けているから、継続する人がそれなりにいるんです。それでも離れるけどね、ゲームはゲームだから。でも人が関与し続けているから、その場が成り立っているんです。ビジネスとしても成り立っているんです。じゃなければ、みんなすぐに飽きます、きっと。(そう考えると、据え置き型のゲーム機のソフトって、やりこみ要素づくりとか、話題づくりってうまかったな。)

それはともかく、人の心を動かし、つなぎとめ続ける難しさってば。

いずれにしても、流行りのEdtechや、ヘルスケアサービスを見ていると、テクノロジーに傾倒しすぎている、もしくはエンジニア集団によるサービスが多いな、という印象を受けます。

人の温かみとかってシステムの向こう側から伝わるものです、案外。

Pocket

投稿者:

toyokichi

toyokichi

何かに夢中で楽しんでいるうちに、いろいろな課題を解決してしまってHappyになれるような、そんな仕組みをつくることを夢見ている人です。渋滞と行列がニガテ。ランナーもどきで実はオタクです。